身長を伸ばすホルモン 上嶋式3ステッププログラム 大人 ヨガ 身長を伸ばす方法

身長を伸ばすホルモンとは?

身長を伸ばすには、医学的には3つのホルモンがあると言われているのをご存じですか?
背を伸ばすには成長ホルモンが大きく関わっているのは既に多くの方がご存じだと思いますが、その他にも甲状腺ホルモンと性腺ホルモンが関係していることが分かっています。

 

 

なかでも成長ホルモンは、身長を伸ばすのに最も大きな役割を果たしていますが、これは脳の視床下部から出る刺激ホルモンによって下垂体より分泌されます。
ですが、成長ホルモンの働きだけで骨の伸びが決まる訳ではありません。

 

 

甲状腺ホルモンには、体の各種細胞の働きを高めるという作用があり、その分泌が悪いと成長ホルモンがいくら分泌されても身長を伸ばす軟骨芽細胞に作用することが出来ず、身長は伸びません。
更に、性腺ホルモンは思春期になると徐々に強く働くようになり、更に身長を伸ばす引き金になります。

 

 

つまり、背が伸びるのは、これらの3つのホルモンが三位一体となって働きかけることで成長します。
医学書にも成長を伸ばす為には、この3つのホルモンが必要だと書かれています。

 

 

ですが、大人になるにつれて成長ホルモンの分泌も減り、骨の両端にある骨端軟骨の骨芽細胞の増殖による骨の成長が止まるのが一般的です。
その為、医学界では骨端線といって、骨の端にある軟骨が骨にかわってゆく境目の部分が閉じると、もう身長は伸びないと言うのが常識になっているんですね。

 

 

では、何故、大人になってからでも身長は伸びるのでしょうか?
成長期に骨端線が重点的に伸びるのに対し、大人になって骨端線が閉じた後では、骨同士の隙間にある軟骨組織が発達するか、もしくは骨全体にちらばっている骨芽細胞が無作為に伸びるかのどちらかが考えられます。

 

 

実際に成長ホルモンは全身の細胞の増殖や成長に関わっているので、骨端軟骨の骨芽細胞以外にも、軟骨組織などに働きかけ、それらを増殖させ成長させることは十分に考えられます。

 

 

そして、医学的には身長が伸びるというのは、「骨が伸びる」ということですが、足や脊椎などの組織が発達して膨張して引き伸ばされたことにより、背が高くなったとしても、身長が伸びたことになります。
ですが、既に成長期を過ぎた大人が身長を効率的に伸ばすには、やはり専門家などの指導をうけるのが効果的でしょう。

 

 

この上嶋式3ステッププログラムでは、成長期を過ぎた大人の方でも、ヨガをすることで成長ホルモンの分泌をうながすのはもとより、甲状腺ホルモンも活発になり身長を伸ばすうえに、若返り効果も期待出来ます。

更に、延べ14万5000人を指導してきて見えた医学書には載っていないホルモンについても言及してあるので、より身長を伸ばすことが期待出来るでしょう。

 

医学書にも載っていない身長を伸ばす為に必要なもう一つのホルモンとは?

 

               上嶋式3ステッププログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 大人ても背は伸びる 身長を伸ばすのに悪いこと リンク集