亜鉛 上嶋式3ステッププログラム 大人 ヨガ 身長を伸ばす方法

亜鉛は背を伸ばすには欠かせないミネラル

身長を伸ばすうえで欠かせないミネラルである亜鉛をしっかり摂取していますか?
そもそも亜鉛は体内でタンパク質の合成に大きく関わっているので、不足すると細胞分裂自体が正常に行われなくなり、骨が伸びなくなってしまうんですね。

 

 

更に、亜鉛にはホルモンが分泌される際に働く酵素を活性化する働きもあるので、不足してしまうと成長ホルモンや甲状腺、性腺ホルモンの分泌が悪くなり、身長が伸びるのに深刻な悪影響が出てくるのです。

 

 

また、亜鉛は精神状態を安定させたりする働きもあるので、身長の伸びを妨げる精神的なストレスを防いでくれるんですね。
そして、1日に必要な亜鉛の摂取量は、6歳から12歳の学童期の子供ではおよそ6〜7ミリグラム、思春期では8〜10ミリグラム、大人でもおよそ11ミリグラム必要と言われています。

 

 

仮に大人の1日の亜鉛摂取量を食品で摂ろうとすると、牡蠣でおよそ7個、生卵なら90個にも相当するので、同じ食品から摂るのではなく、亜鉛を含む食品を1日の中で組み合わせて摂ることが大切です。

 

 

また、亜鉛は食品添加物に含まれているフィチン酸によって、身体への吸収が妨げれてしまうので、食品添加物が多く含まれるジャンクフードやインスタント食品、加工食品の摂り過ぎにも注意が必要です。

 

 

実際に、ここ最近、日本人の平均身長が伸び悩んでいるのは、ファーストフードやスナック菓子、加工食品などの摂りすぎが原因とする専門家の見方もあるほどです。

 

 

なお、大人になっからでも身長を伸ばしたいなら、お酒などアルコールには、亜鉛を尿や汗として排出させる働きもあるので、飲み過ぎて亜鉛不足にならないように注意が必要でしょう。

 

 

この上嶋式3ステッププログラムでは、身長を伸ばすためにサプリメントを買わなくても、毎食食べている味噌汁にある秘密の具を入れるだけで骨を作るために必要なカルシウムや栄養素を摂取することができる方法が紹介してあるので、今後身長を伸ばす為に無駄なお金を使わないで済むでしょう。

 

サプリメントはもう買うな!

 

               上嶋式3ステッププログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 大人ても背は伸びる 身長を伸ばすのに悪いこと リンク集