上嶋式3ステッププログラム 大人 ヨガ 身長を伸ばす方法 睡眠

身長を伸ばす睡眠

身長を伸ばすには、睡眠はとても大切なものですね。

 

 

ですが、なかなか寝付けない…、眠りが浅くて直ぐに目が覚めてしまう…、寝ても疲れがとれないなど、現代ではこのような睡眠に対する悩みはつきものです。

 

 

特に大人の方は、慢性的な睡眠不足の方も多く見られます。当然、こうした大人の生活習慣は子供にも影響して、就寝時間の遅い子供も増えているようです。

 

 

そして、睡眠は、肉体的疲労やストレスでのダメージを修復し、成長ホルモンを分泌させるので、ぐっすり眠るほど背が伸びるので、子供だけではなく大人にとっても重要な要素です。

 

 

ですが、ただ多く睡眠をとれば良いと言うことではなく、眠りの質が大切になります。
一般的に言われている睡眠時間は、7、8時間と言われていますが、身長を伸ばすには就寝時間が大切になります。その理由は、成長ホルモンが最も分泌されるのは、眠りについて90分から2時間程の間の熟睡時と言われているからです。

 

 

そして、睡眠には肉体は休息しても、脳が活動している浅い眠りのレム睡眠と、脳が休息しているノンレム睡眠の2種類がありますが、成長ホルモンが最も分泌されるのが最初のノンレム睡眠が訪れる頃になるのです。
時間で言えば午後10時から午前2時の間にホルモンの働きが活発になります。

 

 

通常、この2種類の睡眠が一晩に5回前後繰り返されていると言われており、そのうちレム睡眠は全体の5分の1程度で、ノンレム睡眠がより長いということになり、その眠りの間に成長ホルモンが分泌されています。

 

 

したがって、その時間帯で熟睡していれば身長がより伸びやすくなるということなり、そのタイミングでぐっすりとした深い眠りに入る為には、日中に体を良く動かしたり、就寝前にヨガなどの軽い運動をすることが大切になります。

 

 

また、夕食も3時間前くらいに済ませて、ある程度空腹状態で寝ることも成長ホルモンが分泌しやすくなり、子供や大人を問わず身長を伸ばすポイントになります。

 

 

1日15分 夜寝る前にやれば効果的! 大人でもヨガで身長が伸びる方法

 

               上嶋式3ステッププログラムの詳細を見てみる

 

 
実践者の声 大人ても背は伸びる 身長を伸ばすのに悪いこと リンク集