上嶋式3ステッププログラム 大人 ヨガ 身長を伸ばす方法

柔軟性のある柔らかい体は背が伸びる

身長を伸ばすには、体が硬いよりも柔軟性のある柔らかい体が背が伸びることをご存じでしょうか?
そもそも身長が高くなるという事は、骨の両端にある骨端軟骨が増殖して伸びるというこですので、いくら食事などを気を使っても筋肉が硬い状態のままなら、筋肉に包まれている骨は思うように伸びることが出来なくなってしまうんですね。

 

 

そして、柔らかい体を作るには適度な運動をすることが一番です。実際に体を動かすことは健康に良いのはもちろん、背を伸ばす効果もあり、身長を伸ばす成長ホルモンは運動や睡眠中などに多く分泌されます。

 

 

つまり、成長を促す適度な運動で柔らかい体を作ることが大切ということです。そして、適している運動というのは、ジャンプしたり全身運動などがおススメです。

 

 

特に成長期の人にはバレーボールやバスケットボール、水泳などが良いと言われており、運動不足の人は縄跳びや垂直跳びなどで成長ホルモンを分泌させることができます。

 

 

実際に垂直跳びをして、身長が高くなったという話も聞きます。
そして、夜寝る前に足首や膝の上、膝の下を軽く叩くようにすると効果が高くなると言われており、これは寝る前に適度な刺激を与えることで分泌される成長ホルモンと睡眠中に分泌されるのが重なるからです。

 

 

また、血液が食事などから摂った栄養や分泌された成長ホルモンを骨や内臓などに運ぶので、適度な運動で刺激を与えることは血流も良くなり骨端軟骨に栄養が行きわたりやすくなる効果も期待出来ます。

 

 

以上のことからも分かりますが、ヨガをすることは適度な運動になり健康になるのはもちろん、体を柔らかくするのと同時に体の歪みを解消することが出来るので、成長期が過ぎた大人の人でも歪みを治して背を伸ばすだけでなく、成長ホルモンを分泌させて、自然に背を伸ばせる最も理に叶った方法と言えるでしょう。

 

 

ヨガの効果を最大限に引き出す次世代のポーズを初公開!

 

               上嶋式3ステッププログラムの詳細を見てみる

 

 

 
実践者の声 大人ても背は伸びる 身長を伸ばすのに悪いこと リンク集